より上手に物流関係のコンサルティングを活用する方法

物流の仕事というと、パッと思い浮かぶのは配送のトラックや、貨物船などで実際に荷物を運んでいる様子ではないでしょうか。しかし、その姿は実際に物が運ばれる表舞台の姿であって、そこに至るまでには表に出ない数々の過程で重要な業務が行われているのです。物流の業務、6つの仕事で構成されています。まずはトラックや船、鉄道などの輸送機関を使って荷物を運ぶ「輸送」、物を様々な事情で一旦留めておく「保管」、物の積み下ろしなどの「荷役」、物の保護や向上の為の「包装」、送られてきた物を、受け取る業者や消費者が便利なように加工する「流通加工」、そしてこれらの活動が円滑に進められるようにするための「情報管理」です。この様に物流には多くの業務があり、それだけコストもかかる事になります。コンサルティングを活用すればできるだけ無駄なコストをかけずにより生産性の高い仕事が可能になるでしょう。

物流のコンサルティングはどの様な事を行うのか

企業にとって、コンサルティング会社はとても重要です。自分たちでは見えない所を客観的に見る事ができ、問題点を洗い出して実際に結果をだす仕事を行ってくれます。物流のコンサルティングでは、その会社の要望に合わせて様々な改善に取り組みますが、どの会社も第一の課題としてコスト削減があります。特に、トータルの物流費のうち約50%~70%を占める輸配送のコストをどれだけ削減できるかが鍵となってきます。他にも保管コストや、作業コストの削減も行っていきます。まずは現状分析をし、そこから今の課題を洗い出していきます。そこからコスト削減の為の具体的プランを作成します。コンサルティングが出したプランを会社側で実行可能か不可能かを判断し、可能と判断したものにはアクションプランを作り実行していきます。

物流のコンサルティングを活用してより良い仕事を目指しましょう

どの仕事においても改善する事は大切ですが、なかなか自分たちで行う事は難しいものです。そんな時に、コンサルティングを活用する事はその会社の未来のために大切な事です。輸送費などの大部分を占めるコスト削減を可能にすることが第一の目的かもしれませんが、どの企業でも組織でも、大切なのは人材です。一時的なコスト削減が可能になっても、その仕組みづくりや意識が社員たちに浸透しなければ、意味がありません。物流の事業全体を把握し、管理できる社員を育てる事も会社にとっては重要な任務です。社員教育の一環として、他にセミナーなども行っています。社員一人ひとりが同じ方向に向かう意識を持たなければ、決して成功するものではありません。その部分も含めてコンサルティングを上手に活用していけば、良い結果を産みだせるでしょう。