成人式の着物について。

振袖を成人式で着て、もう10年が経とうとしています。そんなに経ってしまったのかと、自分でも驚くほどですが、思い返すととても懐かしくなり、いろいろ当時の事がよみがえってきます。その頃は間もなく専門学校を卒業しようとしている時で、毎日があわただしかった記憶でしかありません。成人式後には美容学校の国家試験も控えていたのでなおのことです。それでも、20歳に無事振袖を着せてもらえて、全て親に感謝だなって思っています。その振袖も母親と少し下見しにいった時に、母も私も気に入った柄が一致して、絞りの振袖を母が奮発して購入してくれたのです。妹も着れば、購入したほうが安いとのことでした。私の着物は絞りの黒です。黒だけど、絞りなので柔らかい印象で、真っ黒なわけではなく、グレーなんかも混じっている着物なので、とても素敵な着物です。そんな購入した当時のことを思いだすと、本当に懐かしくなります。いつかはその着物を自分の娘が着る時などくるのかなって思うと、それもまた私や母の楽しみになるんだなって思います。

振袖は何度着るか

成人式の時に振袖を買ってもらった人は結構いるかもしれません。とはいえ、日常的に着物を着る機会がない人にとっては、振袖はほとんど袖を通さずに箪笥の中に仕舞ったままになってしまう人も結構います。ですが、実際にはそれはかなりもったいない事です。また、振袖は一般的には独身女性のみが着る事が出来るものです。その為、結婚した後は着る事が出来ず、いつまでも箪笥の中、なんていう事もあります。そう考えると、着る機会があったらその度に着るのをおすすめします。また、振袖のデザインによっては、袖を切って着ることが出来ます。呉服屋さんに相談すれば、袖を切る事が出来る柄なのかそうではないのか、しっかりと相談に乗ってくれるでしょう。従って、振袖は成人式の時の物と決めつけず、着る機会があったらそれを着るようにしてもいいでしょう。例えばお正月とかに着ているのもなかなか素敵です。またなかなか着られずに結婚してした場合も、袖を切って着る、ということが出来る事を知っておくのをおすすめします。