大人になった証として着たいものです

日本では、区切りの儀式を行う際(七五三など)、着物を着る風習があります。
最近では、着物を着ることの方が珍しくなってきていますが、やはり日本人たるや着物に親しむ機会があってもいいですよね。
成人式は、20歳という大人への一歩を踏み出す大切な日です。
振袖を着こなすことは大人の女性となった証ともいえます。
振袖は一面の反物に描かれた絵画のようなものです。
何色が自分には似合うのでしょう、どんな柄があるのでしょう、選んだ振袖に似合う帯はどのような帯なのでしょう、髪型はどうしましょう・・・など創造も膨らむことでしょう。
普段着ている洋服とはまた違い、今まできたことがないような色がお似合いになったり、お洒落や工夫もたくさん出来ます。
可愛らしい雰囲気、クールで大人っぽい雰囲気、ゴージャスな雰囲気など、振袖や帯だけではなく小物でも粋に変化することが可能なのです。
お気に入りの一品を見つけるまで何種類も何種類も袖をとおしてみてください。
あなた様に最高に似合う振袖のトータルコーディーネートに出会うことができます。

初詣で振袖姿の方を見たこと。

自分が通っていた高校の近くには、神社があります。
この神社に初詣に行ったことが何度かあります。
両親と一緒に初詣に行くことがとても楽しみだったのです。
この神社の近くには、広い駐車場があります。
いつも父親が運転する車に乗って、この神社に行きました。
初詣に行く途中で、とても素敵な振袖を着て歩いている方の姿を見かけたこともあります。
自分は振袖を着て初詣に行くことが少なかったので、とても羨ましかったのです。
神社に到着してからも、振袖を着ている方の姿をたくさん見かけました。
いろいろな振袖を見ることができましたので、とても新鮮な気持ちになることができました。
この神社には、いつもたくさんの方が初詣に来ています。
神社でお参りをしてから車で帰宅する途中でも、振袖姿の方をたくさん見かけました。
振袖を着ている方はみなさん笑顔がとても素敵でした。
この神社では両親と楽しい時間を過ごすことができました。
春は桜がとても綺麗な神社です。